ヤマハピアノグレード受験コース


ヤマハピアノ演奏グレードを取得し、

将来的には指導者を目指すコースです!

 

ヤマハグレードについて

 公式HP

https://www.yamaha-mf.or.jp/grade/about.html

 

 

当教室では、13~11級までは教室で。

10~6級まではヤマハ特約店(近江八幡でしたら石岡楽器さん)で受験できます。

 

 

●13~11級のご案内

https://www.yamaha-mf.or.jp/grade/examination/piano/grade13-11.html

(ヤマハ公式HP)

 

●10~6級のご案内

https://www.yamaha-mf.or.jp/grade/examination/piano/grade10-6_201811.html

 

●5~3級のご案内

https://www.yamaha-mf.or.jp/grade/examination/piano/grade5-3.html

 

 

小学6年までに6級、中学生で5級を目指します!

 

グレードは生徒さんの音楽力を、級(グレード)で位置づける試験です。

 

ピアノの理想的な進み方は、小学生のうちにバイエル終了→ブルグミュラーやソナチネのレベルに進み、ヤマハピアノグレード6級を取得すること。

 

6級のレベルになってくると、世間でヒットしている曲や、ディズニー、ジブリなど、弾きたい曲は自分で楽譜を読んで弾くことができます。

 

しかし、このレベルまで到達するのは努力が必要です。

 

 

 

入会前に面談、年1回の3者面談、イベントにはご参加いただきます

・6年生までに6級、

中学生で5級をめざすためには、努力していただく必要があります。

 

 

・入会していただく前に、先生と生徒さんとでお約束を交わしていただきます。

 

・お約束ごとは、

①できるだけ毎日練習する

②ピアノや本を大切にする

③お願いします、ありがとうございましたの挨拶はしっかりする

④お月謝の渡しかたなど、レッスン中のふるまい方

 

など、基本的なことです。

 

グレード試験は試験会場でのマナーも重要です。

 

また、ふじたピアノ教室を卒業しさらに高いレベルの講師についたときに、

ピアノ教室での最低限のマナーやふるまいがわかっていない生徒さんは、

師匠となる先生から「マナーのない生徒」としてのレッテルを貼られることにもつながります。

 

保護者さんにおいても、高いレベルの講師についたときにギャップを感じないよう、レッスンマナーについてのアドバイスをいたします。

 

 

 

・途中で生徒さんの方針が変わり、

グレード受験コースをやめて別のコースに移ることは自由です。

 

 

・別のコースからこちらのコースに途中で入っていただくこともできますが、

事前に面談はさせて頂きます。

 

・特別な事情がない限り、ふじたピアノ教室が主催する発表会は必ず、コンクールには任意で出場していただきます。

 

 

・グレード試験はレッスンの進みにもよりますが、

年に1回はあるとお考えください。

 

 

レッスンシステム・お月謝


 

◎対象年齢4歳半から

 

◎お月謝

30分レッスン×月3回

6000円

 

◎レッスンの進度によっては、追加レッスンを行うこともあります。

1回2000円

 

 

◎グレード取得によってお月謝は上がります。

〈30分レッスン×月3回〉

 

・8級取得までは月6000円です

  それ以上はお問合せください