ピアノdeクボタメソッドについてはこちら(公式HP)

 

https://piano-kubota.jp/

 

 

 先生の弾く指と鍵盤の位置を見て、音を聴いて、それをマネして弾くだけ。

それだけで、ワーキングメモリー(短期記憶)が鍛えられ、脳(=前頭前野)は大きく育ちます。

  

ピアノを使って脳を育てるまったく新しいレッスンです!!

自宅にピアノがない人でも安心です。

  

◎こちらはクボタメソッド育脳教具やピアノ使って、

「ワーキングメモリー(短期記憶)」を育て、

前頭前野を鍛えることに特化したコースです。

 

  

●レッスンを受けると

→前頭前野が鍛えられ、短期記憶力が向上し、落ちつきのある子に育ちます。

 

→脳の成長の黄金期に脳を鍛えるレッスンをすることで、

 脳の神経細胞のつながりが活発になります。

 

自宅学習について

 

 

宿題は出しませんが、下記の教材をしていただくようにお願いしています。

 

クボタメソッド育脳ドリル1~3

 

頭のいい子を育てるおはなし366―1日1話3分で読める

 


レッスンの内容について


 

【ピアノdeクボタメソッドのレッスンの流れ】

 

ご挨拶

手をきれいに

出席シール

ピアノを使った育脳レッスン

教具を使ったレッスン(クボタメソッド監修の知育教具)

アドバイス

ご挨拶

  

レッスン使用する教材・教具

レッスンシステム・お月謝


 

お月謝についてのページをご覧ください。

 →こちら

 

脳の黄金期は2歳から4、5歳までです!

この時期を過ぎると、脳の神経細胞の増え方はだんだんなだらかになってきます。

 

まず最初に、ピアノdeクボタメソッドで脳を育てるレッスンを受けて頂くことをおススメします。