≪レッスン規約≫

 

 レッスン規約に同意いただく方のみご入会いただけます。

ご入会いただいた時点で、規約に同意いただいたとみなします。

 

 

 《イベントについて》

 

・年1回、ピアノ発表会をします。

 

・ヤマハピアノ演奏グレードを取得できます。

 (任意です)

 

・コンクールは出場は任意です。

 生徒さんのご希望がある場合のみご案内しております。

 また、

 追加レッスンは有償となります。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

《レッスンの振替について》

 

 1人 年間3回まで振替レッスン可能

 

生徒様に公平にレッスンを受けて頂くため、1人年間3回という回数制限を設けます。

 

 

(お願い)

 

振替レッスンをお申し出いただく際、理由を必ず教えてください。

 

決まった曜日・時間の枠を生徒様のお名前でキープし、他のレッスンが入らないようにしているからです。

 

用事のため、急用のためという理由でなく、具体的に理由提示をお願いいたします。

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

《レッスンの当日欠席について》

 

振替でなく欠席扱いになります。

 

お月謝の返金や振替レッスンはしません。

 

下記のことでレッスンの代わりにすることができます。

できるだけ①②の対応をお願いします。

 

 

①宿題の動画を後日送っていただき、その動画に対してのアドバイスをします。

 

②その日だけオンラインレッスン(Zoom、 LINEビデオ通話)に切りかえて頂くことも可能。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

以下の場合には、レッスンは休講となり振替します。

 

 

①台風・地震などの自然災害などの影響で《暴風警報》が発令された場合(講師のほうから連絡します)

 

②関係の近いかたがコロナの濃厚接触者の場合

 

③講師の都合でレッスンが休講になる場合

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 《休会について》

 

 

・長期帰省などで1ヵ月お休みされる生徒様は、

1ヵ月は無料、2ヵ月目からは在籍料として月2000円の納入をお願いします。

 

・お母様のご出産の場合は、2ヵ月まで無料とさせていただきます。

 

・3ヵ月以上の休会はできません。

いったん退会いただき、曜日・時間枠が空いたときに再度入会いただけます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

《退会について》

 

 

・レッスンを終わりにする月の前月までにお伝えください。

 例えば10月末でやめたい場合は、9月中にお知らせください。

 できるだけ早めにご連絡をお願いします。

 

 ・退会は、必ず保護者様からの直接のご連絡をお願いします。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

《教室から、レッスンをお辞めいただくことをお願いする場合》

 

 

①保護者さんと連絡が取れない状況で、1ヶ月以上のお月謝の滞納があった場合

 

例えば7月31日になっても7月分のお月謝をいただいてない場合、

7月分を支払っていただくまでは来月のレッスンはお受けしません。

 

②教室の備品を傷つけるなどの行為が続く場合

 

③本人がピアノを習う意思がなく、レッスンにならないことが続く場合は、

 休会も含めてお話させていただいています。

 

④レッスン規約に合わせてくださらない場合

 

⑤その他、講師がこれ以上レッスンをお受けできないと判断したとき

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 《ピアノのご準備について》

 

 ・5歳以上の生徒様は習い始めて1~2ヵ月で、

 音の強弱をつけてピアノを弾き、ペダルも使います。

 88鍵のピアノをできるだけお早目にご用意ください。

 

 可能でしたら、中古であってもアップライトピアノが好ましいですが、

 電子ピアノでも大丈夫です。

 ただ、電子ピアノはあまりにもお値段の低いピアノは

 鍵盤が軽すぎて強弱が付かず、

 全く練習にならないこともあります。

 

 できるだけ購入前に

 講師にご相談なさってください。

 

 ※ご自宅にすでにピアノ(あるいは電子ピアノ)をお持ちでしたら、そのピアノをお使いください。

   

 

・子どもさんは先生のピアノと自宅のピアノの鍵盤の数や重さが少し違うだけでもストレスを感じ、

 せっかく一生懸命に練習していても身につかない場合があります。

 きれいな澄んだ音で演奏する能力を身につけるには、環境作りがとても大切です。

 

・本人様が音楽の道に進みたいと希望する場合は、アップライトピアノかグランドピアノで練習しないといけません。

 音楽高校、大学、指導者を目指す場合は、グランドピアノが好ましいです。